FC2ブログ

記事一覧

東野圭吾は数学の思い出とともに。



キムタク主演の映画「マスカレードホテル」。
連日のように宣伝してますね☆

(↑余談だがマスカレードを変換したら
「増すカレー度」で出てきた…笑


韓国ではこの10年間で最も売れた小説家だそうです、
原作者の東野圭吾。






この人の名前を聞くと、
かぶらはいつも大学時代の数学の講義を思い出す…
(遠い目。)





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;






教養課程で必修単位だったその数学講義は
文系だったかぶら達にとっては
ナニヲイッテンダカ全クワカリマセン状態でして。





その理由はね。
「問題を解け」じゃないんですよ。
理論に関する内容だったかと思いますが、
痛烈にこう感じました。





大学からの数学は、高校までのそれとは全くの別物である。




数学と思ってはいけない。
あれは…





もはや哲学である。









でもね、単位取らなきゃ留年もありえるわけで。
どうしよう~~~と焦っていた時期に。





同じ大学の友人宅で1冊の本をたまたま読んだのです。





東野圭吾。






タイトルは忘れた。
バーチャルリアリティーもの。





当時、まだ全然有名じゃなくて「知る人ぞ知る」存在。
しかし、推理小説好きの彼女はイチ早く目を付けていた。





うわ、なんだコノ斬新な内容は?!
読み始めたらかっぱえびせん状態じゃん!!

(あ、イマドキの若者にはわかんないだろな~この意味が)






そのストーリーで描かれるVRの持つ要素ってやつが、
数学の講義で感じた「捉え方によって変わってくる」だったか「同時に全くの別物が存在する」
みたいな理論に通じるモノがあったんですよ。




なんで、
テストでは1000字とかそれ以上のレベルで
東野圭吾VR論を展開しまくった。





成績は…







まさかの「良」。
(2番目に良い評価ね。)




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;





大学ってこういう感じだよ。
もうすぐ中学生になる諸君。








高校までの受身な勉強スタイルから
能動スタイルにいきなり転換です。





その代わり、持論を思い切り主張できる学びの場でもあります…(o‘∀‘o)*:◦♪






6年生はもうすぐ新生活スタート。
春はすぐそこだよ…!




とまこプロフ画像



★★拍手代わりにぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓











コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とオリジナルイラストで楽しみながら読める教育ブログは当ブログだけ!笑♪
偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す☆
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!

なお、特定ジャンルについて情報を集めたい方は各「カテゴリ」から入ってくださいますと便利デス^^

※Twitterでも配信中♪こちらのブログ記事を時々反映、という形ですが。「アブラカダブラ畑かぶら」(何の呪文だよ笑)で検索してみてね!