FC2ブログ

記事一覧

中学受験を決断したその理由は。




ご存知のとおり
我が家は母子家庭ですので
当然、公立でいくものと思っていました。


そして、ワタクシかぶら自身も
ずっと公立でやってきたので、
わが娘を中学受験させようとは
1ミリも思っていなかったわけです。







思ってもいなかった方向に舵をきる日が
5年生に上がってすぐの4月に、
唐突にやってきた。






決定的な事件が起こったワケじゃない。





まるで
一輪挿しの花が翌日ポロっと落ちるような。
まるで
昨日まで普通だった髪の毛が翌日から収拾つかなくなりはじめたかのような。







なんだかよく分からないけど
でも
自然であり必然の流れだった。






*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-





要因って大きく分けて2つあると思うのだが、





環境的要因(地元の公立に通わせるデメリット)の割合が2ぐらいだとして。





内的要因(とま子の性格・資質の問題)の割合が8であった我が家(;д;)






音楽や体育といった副教科がのけぞるほど壊滅的なゆえに、トータルの内申書が重要な公立高校受験に不利。
そんな理由すら上回る最大のとま子の内的要因とは…







「どんどん楽なほうへ、低い方へと自ら流されていく」という性格です@@;。






小学校で6年間、、
漢字ドリルの空欄が全て埋められることは一度もなかった。







それはほんの一例。
公文で毎回寝る、とか他にもいっっっぱいあるが、






「何事も面倒くさがる。馬鹿にして着手しない。」





出来ない子というレッテル貼られるのがイヤだというプライドがあればともかく、
自尊心もない。






なので、






「努力すること。向上心を持つこと。」
この重要さを何がなんでも身をもって体得してほしくて、
中学受験という手段を選んだわけなのです。






ガンコ者のとま子にこれを体得させるためには、
そりゃもう親はめちゃめちゃ大変です(涙)。
根性叩き直したくてあえて厳しい学校を希望したけれど、
とま子もなぜか自ら望んで同じ学校を希望した。





向かっている方向は同じ。
そこだけは助かった^^;。






晴れて合格してから、1年間あっという間に過ぎたけれど、







最大のテーマである「努力・向上心を体得する」は、







まぁぁぁぁだ実現しそうにありませぇぇぇぇん(泣)!!!







…助けてください神サマ@@;。
かぶらはいつまで自分にも鞭打ちながら伴走せねばならないのでしょうか…
今までもそしてこれからもどれだけズタボロ満身創痍にされなきゃならないのでしょうか…




のーてんき風呂





春なのに~春なのに~
ためいーきがーまたひとつー
(by柏原芳恵)

イマドキの子は絶対知らんだろう。







★★拍手代わりにぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓










コメント

八咫烏さまいつもありがとうございます^ - ^

うちの娘の良いところは他人と自分を比べないところ、です^ - ^そこは大いに希少価値だなと尊敬。でも「馬鹿にしてすぐ放棄する癖」はすごく危惧してまして(>_<)。人生誰でも何かしら必ず困難な事にぶち当たるじゃないですか、その時に「努力して打開していく」のではなく「流されるまま」の生き方をこの人は絶対選ぶだろうなと。親として1番そこが何とか考え方を早く変えてほしい(涙)。私自身、困難だらけの茨道歩いてきたタイプなんで(^_^;)トホホ。

No title

こういうタイプの知り合いがいまして、たまーに思うのですが、これはご本人の性格であり、それは同時に長所でもあるのかな、と。全員が全員、競争至上主義者ではなんとも悲しいものがあります。そばにいて、ほんわかできるような存在がいないと、なんとも残念であり、そういうところで大変に重宝がられる方なのだと思いますよ。もっとも、将来を考えたときに、お母様としては「ダメダメダメ!」って思うのが当然ですよね。時としてガツガツと、時としてゆったりと。バランスがいいのが理想ですが、なかなか難しいのですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とイラストを楽しんで頂きつつ、偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す(笑)♪
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!