FC2ブログ

記事一覧

通分を「ピザ」で理解しよう♪


さて。
今日は分数の計算の基本。
足し算や引き算をするときに「通分」が必要だよね?



1/4 + 1/6 = ?



こんな時、分母の4と6の最小公倍数を考えて
3/12 + 2/12 = 5/12
が正解だったよね。




なんでそもそも「通分」なんて必要なのよ?!
って算数苦手っ子は思ったことあるんじゃないかな??



今日は皆が大好きなピザでそれを説明するよ~♪





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






6年生のAさんとBさんがファミレスに行きました☆
それぞれ同じ大きさの1200円のピザを注文しましたとさ。
口が大きいAさんは早く食べたくて4等分に切り分けました。
口の小さいBさんは一気にほおばれないので6等分に切り分けました。



ピザ1




すると、そこへ、まだ幼い1年生のC君が突然やってきました。
「僕もほしいよ~」




「じゃあ1切れずつ分けてあげよっか」ということになったんだけど。
さて、どうなる?



ピザ2




「え~、これじゃあ不公平じゃん~!」
文句を言ったのはAさん、Bさんのどっちかな??




…答えはAさんだね。
だって1切れの面積がAさんのほうが大きい。
値段を計算してみると、
Aさんのピザは1切れが
1200÷4=300円。
Bさんのピザは1切れが
1200÷6=200円。




どうしたらいい?!





そうか、
もう少し細かく切り分けて、両者の1切れの大きさをそろえたらいいんだよね♪
んじゃ、何個に切り分けたらいいんだろ?
4の倍数でもあり6の倍数でもある数っていくつだろ…
4×6=24。
確かに、どっちでも割れるけど、ピザを24等分にもしちゃうわけ??
細かすぎるよ~~@@;




と、AさんBさんが悩んでいると、店員さんがいいアドバイスをしてくれました☆
「最小公倍数で考えたらどうかな?」
ナルホド!
たしか…12だな。
うん、それなら切り分けられそう♪




ピザ3



どちらも12等分しました。
もちろん1切れの大きさはそろったよね☆





てなわけでめでたしめでたし。


…いや、





C君が大声で叫びました。
「1切れが小さくなったじゃん、もっとちょうだい~!!」



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





はい、そゆこと☆
少しイメージつかめたかな?




「1切れの大きさをそろえる」
これが通分の根本です♪









他にもいろいろ。
「必見!算数のコツ☆」カテゴリからどうぞ^^

http://tomakonodorodarake.com/blog-category-5.html












★★拍手代わりにぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓













コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とオリジナルイラストで楽しみながら読める教育ブログは当ブログだけ!笑♪
偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す☆
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!

なお、特定ジャンルについて情報を集めたい方は各「カテゴリ」から入ってくださいますと便利デス^^

※Twitterでも配信中♪こちらのブログ記事を時々反映、という形ですが。「アブラカダブラ畑かぶら」(何の呪文だよ笑)で検索してみてね!