FC2ブログ

記事一覧

つるかめ算!~その3(弁償算)~



今日は、弁償算ってのを解説♪
成功すればお金がもらえるけど、失敗したら自分が逆にお金を払わねばならないっていうような問題。



「何ソレ??ややこし過ぎーー!!」と嘆くそこの君。



結論から言おう。
つるかめ算の基本と全く同じである!!



んじゃ具体的に説明していくよ~♪



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




つるかめ算3_1




<手順1>
「1枚成功した時にもらえるお金」、「1枚失敗した時に払わねばならないお金」を以下のように書く!

つるかめ算3_2


弁償算の最大ポイントは、この「失敗時の弁償代をどう書くか」だけなんだよ♪
ここでは「-25」と書きます。
最初は戸惑うかもしれないけれど問答無用でまずはこの書き方に慣れるべし!!
あとで差を出す計算をするよね。その際計算間違いを防げるというメリット大♪
そして、どうせ中学に入ってすぐマイナスについて習うから今から知っておくとお得♪




んじゃ、次。
<手順2>
あとはいつも通り、つるかめ算の基本の図を描く!

問われているのは「失敗した枚数」なので、「もしも」の図に書き込むのは「成功した時のパターン」でそろえるとスムーズだったね?



※もしまだ基本の図がどうしてそうなるのかor描けない子がいるならまずは基本をしっかり理解するべし!
つるかめ算~その1~
http://tomakonodorodarake.com/blog-entry-200.html
つるかめ算~その2~
http://tomakonodorodarake.com/blog-entry-207.html





つるかめ算3_3





さあ。ここで差の計算が大事なんだよね(*・`ω´・)ゞ
「5円」と「-25円」の差がどうして「30円」になるのか分かる?


5-(-25)=30という式は今は全然書けなくてOK。
だけど、暗算で30になるって計算はできるようにね!



「定規」で考えると分かりやすい♪

つるかめ算3_4


ゼロから右側は数字にプラスの符号が付いています。
ゼロから左側は数字にマイナスの符号が付いてます。


「5」から「-25」までの「距離」は…??
そう。
5+25=30になるよね☆
「差」というのはつまりこの「距離」のことなんだよ♪




<手順3>
それが分かれば全く基本と同じだよねo(^▽^)o
サクっと出していこう~。

30円×□枚=660円
□枚=660÷30
□枚=22枚




答え: 22枚




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




どう?
「マイナスという書き方」、
そして
「プラスとマイナスの間の差の出し方」
さえ理解できれば、つるかめ算の基本と何ら変わりはナシ!!



つるかめ算が得意になれば、速さの問題や仕事算なども好きになれるかもよ…??
「差で差を割る」
全部コレだから、基本。

頑張れ~\(^o^)/








他にもいろいろ。
「必見!算数のコツ☆」カテゴリからどうぞ^^

http://tomakonodorodarake.com/blog-category-5.html




Twitterでもブログと同内容を時々配信中♪







★★拍手代わりにぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓













コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とオリジナルイラストで楽しみながら読める教育ブログは当ブログだけ!笑♪
偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す☆
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!

なお、特定ジャンルについて情報を集めたい方は各「カテゴリ」から入ってくださいますと便利デス^^

※Twitterでも配信中♪こちらのブログ記事を時々反映、という形ですが。「アブラカダブラ畑かぶら」(何の呪文だよ笑)で検索してみてね!