FC2ブログ

記事一覧

公文の進度は実力とイコールか?


とま子は幼稚園から5年生の最初まで公文に通い続けておりました。
結局7年近く習っていたのか??




早く始めたからか、4年生の時は既に中学2年生レベルの計算をやっていた。
あ、これ、公文の世界では全然大したことはない。
冊子が数ヶ月に1度のペース?で配られて、全国の成績上位者が堂々と掲載されているのだが、うーんと、たしか…。
幼稚園生で既に高校数学をやっていたツワモノがいたような。



成績上位あるいは3学年以上先に進んでいる子は、毎年大きな会場に招待される。
在籍中にもらったのだけどね、わざわざ行くのがシンドくて行きませんでした…@@;。
興味はあったんですよ。どんなご家庭のお子さん達が来てるのかなあと、その雰囲気を見てみたかったし、一種「異様」かもしれないその会合ってどんな感じなんだろうとヤジ馬根性もくすぐられ^^;。社会見聞で行ってみたら良かったかなあやっぱ(汗)。場違いで圧倒されてただろうけどな、確実に。







前置きはその辺りにしておいて。
さあ。
こういった公文の進度は、果たして実力とイコールなのか??
これについて、私見を。






…もう薄々お分かりでしょう。
こんなタイトルを持ち出していること自体。







「そうとは限らない」。
これが所感。







とま子は中学受験に方針転換して大手塾に通い始めて以降、気付きました。
公文での成績は「付け焼刃」だったことを。






学ぶきっかけとしてはすごく大きな意義をもたらしてくれる。公文って。
それから、いろんな学年の子達に刺激されるという点も普通の塾では味わえない良さ。







だけど問題パターンは…かなり狭い。
いろんな出題に、目的意識を持って(志望中学への合格)取り組むっていう要素がミックスされないと、実力って付かないものだね@@;。







ただ、本当にお世話になったので今でも感謝してます♪♪
た~くさんの子達を見てきた公文の先生は、おっしゃることも的を得ておられた。









はい。ここでいきなりですが。先生にひとつ懺悔させていただきます。





公文トロフィ




この、エンピツ型のミニトロフィ…







ワタクシかぶら、ツボ押しとして使っておりやす!!!
もーーしわけゴザイマセンっっヽ(*>□<*)ノ!







(だって、マジでちょうどいいんスよ、足の裏のツボ押しに…)


















★★拍手代わりにぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓

(実績を積んだのちはいずれ内容を凝縮&パワーアップしたノウハウ本を出版して恩返しさせていただく予定☆)





























































コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とオリジナルイラストで楽しみながら読める教育ブログは当ブログだけ!笑♪
偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す☆
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!

なお、特定ジャンルについて情報を集めたい方は各「カテゴリ」から入ってくださいますと便利デス^^

※Twitterでも配信中♪こちらのブログ記事を時々反映、という形ですが。「アブラカダブラ畑かぶら」(何の呪文だよ笑)で検索してみてね!