FC2ブログ

記事一覧

「センター試験こそ日本の宝」


9割の高校が、もうすぐ実施予定の大学入試改革における民間英語検定試験導入に反対。先日は文科省の前でデモ活動まであったそうな。そして今月8日には英検2級でシステムトラブルにより52人が中断を余儀なくされた。←再試験未定。

うちもそうですが、今中学受験で大変な小学生のご家庭も数年後にはモロ関わってくる問題@@;ヒトゴトじゃないので戦々恐々デス( ̄д ̄;) 本日は大学入試に新たに採択されようとしている英語検定や教育について。(今回記事はロング&マジメです^^;)







主な「不公平」は次の4つが叫ばれています。
●家計格差
●地域格差
●採点者の差
●多数の異なる検定試験間の差




これらに加え、さらに突っ込んだ意見を述べられていた記事があったので、要約をご紹介します♪かぶら的には昨今の記事の中で一番共感できたので(*゚ロ゚)。







タイトルの「センター試験こそ日本の宝」。この言葉をおっしゃったのは立教大学名誉教授の鳥飼玖美子氏。英語の入試改革については以下のように述べておられた。内容を要約列挙すると。



●大学入試は「日本の大学で学ぶために必要な英語の力を測るのが目的」。それに対して、民間検定はそれぞれの目的や内容、難易度が違う。目的が違うものをなぜ導入する必要があるのか?

●バラバラな検定同士の評価を統一するために文科省が持ち出したのがCEFR。奥州評議会がいろいろな言語の運用力を共通の尺度で評価できるようにした枠組みのこと。しかし国際基準でもヨーロッパ基準でもないただの目安であるこの評価システムを数十万人受験の大学入試に取り入れられるという話は、海外で非常に驚かれるほど非常識に映るようである。

●「家計格差」「地域格差」に加え、「スコアのダンピング(投売り)」も起こると考えられる。これは、例えば特定の民間試験が「A2レベル」を取りやすいとなったら当然高校生はみなその検定を受けたがる。すると、他社が自分のところの受検者を増やしたいがために難易度を下げる。その結果「A2レベル」というような基準が無意味になり、公正な合否判定がますますできなくなってくる。

●混乱は特にスピーキングテストで出るだろう。英検はすでに全員の面接は不可能と判断し障害のある受検生に限定予定。スピーキングの評価は非常に難しい。話す力の何を、どう、判断するのか?発音?文法?流暢さ?機械の不具合や操作ミスも付き物である。うまく録音できなかったり、音声データが誰の物か分からなくなったことが実際にあった。

●民間団体は、そうしたトラブルがあっても表立って発表はしない恐れもある。

●文科省は「何かトラブルがあったとしても文科省や大学に責任はない」と言っている。

●英語は苦手でも他教科が得意という学生が、志望大学を門前払いになる可能性がある。

●大学入試に「話す力」を試験する必要はない。吃音などの障害がある受験生への配慮が整備されていない。それと、もし公平性や客観性を追求していくと「決まりきった会話の定型文」になってしまい結局は暗記。本当のコミュニケーション能力の尺度にならない。

●大学入試を変えれば高校の英語教育が成功する、と単純に決め付けているがそれは根拠の無い思い込み。センター試験は非常に優れた試験であった。むしろ日本が誇っていいテストのありかたでは。








英語教育についてはこうおっしゃっている。

●最近の英語教育は「会話一辺倒」になっていて、文法や読解などの基礎が非常に弱くなってしまっている。大学でわざわざ中学レベルの文法の補習授業が行われているところがあるぐらいだ。基礎がおろそかになってしまった原因は、高校の学習指導要領では「英語の授業は英語で行うことが基本」とされているからだ。

●文法については日本語で教えるほうがはるかに効率よく理解できる。実際にそういう教育を受けてきた子のほうが基礎力は高い。

●日本人に向いた指導法や学習法があるはず。英語漬けにすれば上手になるかというとそれは違う。









…長くなりました^^;私としてはかなり共感できる内容でした。個人的にはあと2点付け加えたい。英語に限らず全教科にいえること。

★数十万人が受験&しかも本人に返却されないという性質を持つ限り、共通テストは絶対マーク式であるべきだ。

★マーク式や選択問題形式のテストが昨今の学力低下を招いたのではない。小中高で「読む」「書く」、この2つの最も基本的技能習得がおろそかになってるからじゃないの。それと…









スマホ・ゲーム・youtubeの3点セットね。










学力低下に大いに暗躍している三大魔王。アタクシはそう呼んでいる(*・`ω´・)ゞ(使い方によってはとても有用だったりするけれど、子どもは娯楽にしか使わないでしょうそりゃあ@@;)

tomako.jpg

★★励みになります♪ぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓

(実績を積んだのちはいずれ内容を凝縮&パワーアップしたノウハウ本を出版して恩返しさせていただく予定☆)

















































コメント

はぎ様いつもありがとうございます♪

復旧したそうでひとまず安心ですね(汗)
貴殿のブログで紹介されている数々のイラスト教本、うちのとま子が欲しがりそうなものばかりです☆あれら全てコレクションされておられるのでしょうか?予想以上に様々な種類があって驚いています^^

No title

畑かぶらさんこんばんは。

自分のブログに書き込みありがとうございます。
色々ありましたがなんとか復旧できました。
こちら様にブログは毎日読んでいますので
頑張ってくださいねw

それでは

大検高校さまいつもありがとうございます^^

こんなにも当事者が反対の声を上げているという状況の中で、文科省大臣は「私の代で決定を覆すのも混乱の元になるので」と続行意思を表明したそうで(?)。どう考えても利権目的の改革としか思えないですね@@;水道民営化…これについては私も非常に危惧しております。ラチェット条項をご存知でしょうか??生死に関わるかもです…当ブログは教育メインなのでそれについては書きませんが><いつもコメントありがとうございます☆

こんにちは!大検高校です

英語の入試改革、ボロボロですね。
とくに、スコアのダンピングは問題化必須だと思います。
そもそも、スコアのダンピング対策をきっちりやってから民間試験を導入するという流れが筋のはず。
それをせずに、民間民間というのは。
アメリカなどでも電気や水を民営化したため、次々に問題が発生しています。
再公営化の動きも世界で広がっているといいます。
人間の欲望の深さを考えたら、民間まかせは慎重のうえにも慎重にやらなければならないんですけどね。

基本的に、家計格差で不平等が広がる方向への改革は反対です。
機会の平等と社会の安定のための中間層を崩すなどの要因になるので。
そのほかにも、これだけの問題山積。
良い方向に向かってもらいたいものです。

かぶらさん、さようなら。
とま子ちゃん……ハンダ付けって高熱で鉛とスズが溶けていくのこわくない?わたしは滅茶苦茶こわいんですけど……によろしく!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とオリジナルイラストで楽しみながら読める教育ブログは当ブログだけ!笑♪
偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す☆
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!

なお、特定ジャンルについて情報を集めたい方は各「カテゴリ」から入ってくださいますと便利デス^^

※Twitterでも配信中♪こちらのブログ記事を時々反映、という形ですが。「アブラカダブラ畑かぶら」(何の呪文だよ笑)で検索してみてね!