FC2ブログ

記事一覧

直前算数教室!「ニュートン算その2」☆



今回は「全体の量が分かっていない」問題を。



ニュートン算2日目



こういうのって絶対2種類の状況が示されるてよね?
それらを仮にAパターン、Bパターンと名付けるとすると


解き方のコツは
Aパターンの全体量=Bパターンの全体量
っていう式を作ること!


たったコレだけ♪
だって、どんなポンプを使う場合であっても全体量っていうのは変わってないでしょう?
だから、これを「でーいのはじかぜ」法則に当てはめると!


ニュートン算2日目_1



はい。これを踏まえたうえで(1)をみてみよう。
すぐに図を書く。


ニュートン算2日目_2



こういうことだよね☆
これを、先ほど説明した式に当てはめるだけ!
今、分かってないのは「入ってくる速さ」なのでこれを四角のマークで表すとして、



ニュートン算2日目_3

答え:3L



ちなみに、こういう式の計算方法は中学生になって方程式を習い始めるとバンバン使います!!
なので今のうちから慣れておくと絶対おトク♪




んじゃ次。
(2)を解くには…

もうこれはソッコー出るの分かるかな?
(1)で全体量を表す式をたてたでしょ??
AパターンでもBパターンでもどっちに当てはめてもいいんだけど、とりあえずAパターンの全体量の式に当てはめるとすると、


さきほど□=3と出たわけだから、

(10-3)×30 =210

答え: 210L




(3)
これで全体量が出たわけだから、もっかい新たに図を書こう♪


ニュートン算2日目_4



もう分かるでしょ??
しつこいくらいに言うよ~
「でーいのはじかぜ」法則に当てはめろ~~っっ


分からないのは時間なので△分と仮おきしておいて

(24-3)×△=210
21×△=210
両辺を21で割って
△=10


答え:10分





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




どうだあ~っ
ニュートン算って思ってたよりずっとカンタンでしょ??
全体量が分かってなくても、仮の量を仮定しなくても解けるんだもん。
かぶらは、仕事算より好きだわ(笑)♪



では。
次回の完結編は、「単位がハッキリしてない問題」を見ていくことにしよう☆
Don't miss it !






「ニュートン算その1」はコチラ↓
http://tomakonodorodarake.com/blog-entry-86.html

「ニュートン算その3」はコチラ↓
http://tomakonodorodarake.com/blog-entry-88.html






他にもいろいろ。
「必見!算数のコツ☆」カテゴリからどうぞ^^



★★拍手代わりにぜひ応援クリックお願いしますっ!★★
 ↓↓









コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畑かぶら

Author:畑かぶら
国立大卒のシングル母「かぶら」&天然炸裂娘「とま子」による二人三脚での中学受験体験記☆
塾内底辺レベルから這い上がり難関私立中に合格できました!
絶叫系話術とイラストを楽しんで頂きつつ、偏差値アップのためのサポート法・苦労話・お役立ち情報を盛り沢山でアップしていきま~す(笑)♪
後に続く同志のお子様パパママ達にとって少しでもお役に立てましたら幸いなり…!